9月2日のトレード予定:ライントレード実践!byプロトレーダーエコ

9月2日のトレード予定


エコラーの皆さん、ビジターの皆さん、おはようございます。

金曜日のポン円くんは、東京時間の持合い後、安値を切り下げる展開となりましたが、今朝はギャップアップ後、ここまで大きな上昇を演じしています。


FXトレード


金曜日の午後には、次のように書いていました。


>相場は、その後、何度もこの152.60水準で跳ね返されています。

>この水準が短中期での強弱分岐点にもなっていますので、これからの時間で上下どちらにでも流れを出すことができます。

>よって、今日のLDN時間からは、152.10-152.65のレンジから出て行った方についていくものとします。

>ブレークしたら、少なくとも40pips程度は狙いましょう。



金曜のその後の相場は、記事執筆時点の安値が152.17で、夜の下落による安値が151.87でしたので、レンジブレーク後にちょうど40pipsの値幅を出していますね。

戻りが速かったので利益確定が若干難しかったのは残念でした。


さて、その後の相場はNY時間にもう一段の安値を付けましたが、今日は朝からここまで大幅高となっています。

金曜日のメルマガでは次のように書いています。

>メルマガ執筆時のレートは152.00付近ですが、
152円台を維持すれば154円台を再び目指せますが、
151円台前半まで落ちてくると、
再び8月7日の安値が
おいでおいでをしてくるでしょう。



金曜日の安値は151.65で、そこから急騰していますので、151円台以下のゾーンを嫌ったことが分かりますね。

結果、相場は再び短中期で上に舵を取ってきました。

目先は153.95-154.00を目指していると考えられますが、若干上昇速度が速いので押し目をつけるのも自然です。



よって今日のLDN時間からは、売り買いありで相場について行く構えとしますが、特に主なサポートからまで下落してから反転上昇していくタイミングで買い狙いとします。


具体的な出入りの仕方は、ライントレード教本の基本に従ってください。


それでは、今日も自分自身のベストトレードを!


(明日の記事は、午後3時頃の掲載を予定しています)


お願い:最近ブログに来た方は、この記事の下方に記載した「↓初めての方はお読みください↓」を一読願います。


・・・・

●EPAT(エコのプライスアクショントレーディング)

ブログコメント欄で手法のモニター継続中です。



●ポンド円レポートをメルマガ読者に配布

ポンド円の最近の傾向をレポートにまとめました。

今週のJunメルマガでもダウンロードアドレスを告知します。

非常に重要な資料ですので、見逃さないでください。


・・・

●すぐにポチをお願いします!!!!!

週末に下落しています!!

下落を止めて上昇させるために、午後にポチした後、夜にももうひとポチしてくださいね↓↓↓


ランキングの上下動とおもてブログ運営のモチベーションとは連動していますので、ブログを見に来ている方は、ランキングボタンをひと押しお願いします。

ぽちで応援する

・・・

以下は、一通りのトレード技術が身についたトレーダーが東京時間とロンドン時間に参戦した場合に期待される本日の収支です。

金曜の想定収支   
ライントレーダー(初級IIIレベル): +20pips~+30pips  


トレード及び相場把握の基本を習得するには↓
ライントレード教本のページへ

・・・



●エコラーズフォーラム/TTPプログラム

前日の記事の一部をご覧に入れましょう。


・・・ 

日時: 2013/08/30 15:53
名前: エコ

●今日のLDN時間からのシナリオメーク
 。。。
第2のシナリオは、下落です。152.10を下抜け、151.95、151.75(少し強め)、151.45-50をトライして下抜けたら、151.15、150.60-70、150.45までをトライすることを想定します。
。。。

●今日の取り組み方/注意事項
  。。。
152.65水準は短中期のプライスアクション的にも強弱分岐点となっており、多くの市場参加者が注目しています。

上に出れば154.00水準までが望めますが、下に落ちれば、150.40トライから下抜けも望める形です。

相場をやるのなら、この水準絡みの動きでは必ずリスクテークです。

現在、1時間足と4時間足の対立が見られます。

1時間足は151.60近辺まで落ちても押し目買いができるチャートですが、4時間足ではそこまで落ちると、再上昇しても高値更新が難しくなってきます。

今日は、どちらの時間足に沿ってレート形成が進むのか注意して行きましょう。
  。。。

・・・

実際の相場は、1時間足に従って再上昇し、今朝はギャップアップで152.65を上抜けると、押し目形成後に大幅高になっていますね。

想定される範囲の値動きです。

今日の詳しい見立ては、フォーラムで。

エコラーズ・フォーラムとは


●JunのレビューブログとTPページへもお立ち寄りください

FX商材にもピンからキリまであります。使えるFX商材に出逢ったら、習得のための努力を惜しまないことが大事です。

これまでに次のような商材をレビューしていますので、参考にしてください。

シンプルトレンドフォロー
タイムゾーンブレークアウト
ライントレードマスタープログラム
ゴールデンスパイダーFX
デイトレンドFX  
ダブルツイスター 
キャンドルスティックFX  販売中止
バックドラフトPRO
ビクトリーメソッド 
Max System FX -Revolution 販売中止 


トレードプラクティカムをトレードルール構築の参考にしてください↓

ライントレード教本、Max System FX、キャンドルスティックFXのプラクティカムは、こちら

Junのブログも応援ポチしていってくださいね。

ポチラーの皆さん、Junブログもぽちを!


記事を読み終わったら、ぽち3連発を!
ブログランキングに1票
ブログ村に1票
ブログランキングドットネットに1票


エコ

↓初めての方はお読みください↓

・質問や問い合わせについて: 事務的な問い合わせはエコではなく必ず販売会社さんへお願いします。コメント欄に質問を入れても、メールより先に返答することはできません。ライントレードのサポートは、エコ宛てではなくサポートアドレスに送ってください。エコの返答が必要と思われるメールには、2、3営業日以内に返答するようにしていますが、必ずしも返信を約束できないことをご了承ください。

・免責事項: この記事は、エコのトレード「日記」です。日記ですので個人的な内容になります。エコの相場観やトレード予定も掲載していますが、これらはすべて善意で開示しているものです。エコのブログの情報をご自身の投資判断の参考にするかどうかは、必ず自己責任で決定するようお願いします。また、メルマガ登録や無料PDFのダウンロード等は、サポートすることはできませんので、自己責任でお願いします。

・トレード学習方法: 過去の記事はブログ右下の「アーカイブ」からすべて見ることができます。ラインの引き方なども過去の記事から習得可能です。2010年7月5日までは、エコのトレードをブログ上で報告していますので、コメント欄を読んで学習の参考にしてください。

より詳しいトレード情報が欲しい方は、エコラーズ・フォーラムへどうぞ。ライントレード教本の正規購入者には、有利な入室条件が適用されます。

2013年9月 2日 15:19|コメント (3)

カテゴリー:

コメント (3)

エコさん、merry merryさん、みなさん、こんにちは。


本日もドル円のレベル3システムとその後の値動きに対してのレベル3で計2勝してます。

ライン教本の視点からも、11時台のトレードはトレンドラインとサポートラインに、15時台のトレードはサポートラインに絡んでから反発したので、ともにエントリーしやすかったです。


投稿者:楽笑 |2013年9月 2日 18:43

エコさん、楽勝さん、みなさんこんばんは。
今日のドル円は、自分も楽笑さんと同じところでエントリーの判断をしています。

マエストロとの関係では、佐野さんが押し目が終わりやすいポイントとしていつも言っていたポイントからの反転にも該当しています。

以前の自分だと、後から解説されると分かるんですが、エントリーはできませんでした。

EPATだと事前にエントリーポイントが分かるので、佐野さんがエントリーしていたポイントとも一致していると、気持ち的にも随分楽にエントリーできます。

投稿者:merry merry |2013年9月 2日 21:55

楽さん、merryさん

結構です。

特に2回目のエントリーは、システム+αの判断でいいですね。

はい。今日のエントリーポイントは、ライン的にも佐野さんが好きなBBのあるポイントにもちょうど合致していますよね。

このように、勝率が高いポイントというものは、プロのトレーダーの視点が一致するものです。

マエストロFXやデイトレンドFXなどを使いこなせていない人も、EPATのシステマティックアプローチを身につけると、トレード判断が確実に楽になるでしょうね。

投稿者:エコ |2013年9月 2日 22:46

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)