4月23日のトレード予定:ライントレード実践!byプロトレーダーエコ

4月23日のトレード予定

エコラーの皆さん、ビジターの皆さん、おはようございます。


●エコのスタンダードチャート・オープンモニター実施中

新しい方から質問をかなり頂いたため、個別に回答しきれませんので、回答はまとめてブログコメントまたは全体メールで返答させてください。

ノウハウの効能やおおよその成績については、3月27日から順を追って行けば、だいたい分かりますので、コメント欄を読み終わっても分からないことがある場合に質問をするようにお願いしますね。

なお、ESCはフォーラム会員への頒布を優先するため、一般の方から頒布に多数の申し込みがあった場合は、すべての方に配布できないことが想定されます。ESCは、お金さえ払えば誰でも買える種の商材とは違いますので、頒布の人数及び条件がありますことを予めご了承ください。


●すぐにポチをお願いします!!!!!

順位が低調に推移しています!!

順位を回復するためにすぐにポチをお願いします↓↓↓

ぽちで応援する

ランキングの上下動とおもてブログ運営のモチベーションとは連動していますので、ブログを見に来ている方は、ランキングボタンをひと押しお願いします。


FXトレード


昨日のポン円くんは、東京時間に長期の上値抵抗線を2回トライして抜けられずにダブルトップを形成すると、ネック割れから欧州時間にはチャンネル下限も割り込み、急落しています。


昨日の朝には、次のように書いていました。


>現在の相場は、長期の上値抵抗線(黄色)のすぐ手前で持ち合いに入っています。

>この水準をはっきりと抜けることができれば一段高になり、跳ね返されれば、チャンネル下限まで落とされるのがセオリーです。


>今日は、少なくとも上値を1回はトライすると見ています。

>素直に上に出れれば、173.00-10、173.50水準をつけに行く公算ですが、レジスタンスで反転形状を作れば短期の売りはありです。

>よって今日の日中は、基本的に買い/押し目買い狙いで構えますが、レジスタンスで反転したら売りもありとします。



実際の相場は、東京時間に上値を3回トライして跳ね返されると、チャンネル下限まで下落し、小反発を経て再下落しています。


相場は、結局、フォーラム内で想定した下落時の下値メドまで到達しています。

それにしても、ずっと前から引いてあった長期抵抗線に1mmもずれなくヒゲを出して下落しています。

朝の時点では買い目線でしたが、結果的にライントレーダーにとっては、これ以上ない売り場を作ってくれましたね(笑)。


さて、チャート画像で昨日の安値付近を見ると、2本の黄色いラインが通っていることが分かりますが、これらのラインが短中期の強弱分岐点となります。

従って、昨日の相場は下げたものの、ここから再上昇が可能な値位置で下げ止まったことになります。

昨日の戻し高値もプライスアクションで説明がつきますので、ここから172.10を上抜けて行くと上昇が継続することが想定されます。

逆に171.90を割り込んでいくと、昨日の安値に引っ張られてくるでしょう。


よって今日の日中は、相場の流れについて行く構えとし、売り買いどちらもありとします。

ただし、強いサポレジで反転したら、ポジションスイッチを忘れずに(笑)。



詳しい出入りの仕方は、ライントレード教本及びEPATの基本に従ってください。



それでは、今日も自分自身のベストトレードを!



黄色のラインは、毎日引き直しています。

熟練したトレーダーは、黄色のラインを意識します。

このラインを相場が意識したことを確認して出入りすることで、高勝率のトレードが可能です。

詳しい出入りの仕方は、ライントレード教本及びEPATの基本に従ってください。

お願い:最近ブログに来た方は、この記事の下方に記載した「↓初めての方はお読みください↓」を一読願います。


・・・・


●EPAT(エコのプライスアクショントレーディング)

昨日は、前日からのEPATレベル4から反発したものの、再度レベル4を割れた時点で売り相場が確定したと見れたでしょうか?

ちなみにESCでは、戻り売りのベストポイントでサインが出ていました。

今日もナイスEPATを!




・・・

●すぐにポチをお願いします!!!!!

皆さん、今日も本当にポチしてください!!!

ランキングの上下動とおもてブログ運営のモチベーションとは連動していますので、ブログを見に来ている方は、ランキングボタンをひと押しお願いします。

ぽちで応援する

・・・

以下は、一通りのトレード技術が身についたトレーダーが東京時間とロンドン時間に参戦した場合に期待される本日の収支です。

前日の想定収支 
初級2~3レベル:+40pips~70pips 


トレード及び相場把握の基本を習得するには↓
EPAT販売ページへ
EPATレビュー記事へ




●エコラーズフォーラム/TTPプログラム

前日の記事の一部をご覧に入れましょう。


・・・

日時: 2014/04/23 09:10
名前: エコ

●今日のシナリオメーク

第2のシナリオは、下落です。172.55を割れて、172.45を経て、172.25及びチャンネル下限(少し強い)をトライし、ここで下げ止まらなければ、172.00-10、171.75、171.50までトライしてから反発することを想定します。
  。。。

●今日の取り組み方/注意事項
  。。。
現在の値位置は、長期の上値抵抗線の手前にあり、はっきりと勝負をつけてくれないと気持ち悪くて仕方ない状況です(笑)。

自然な展開になれば、レジスタンストライで多少は駄々をこねても最後は上抜けて、173.00-10、173.60水準ないしは173.90-174.00水準をつけに行くことが想定されます。

跳ね返された場合は、形成されるフォーメーションによって短期ショートもありですが、下への流れは強いサポートで反発することを想定しつつ慎重にフォローしないといけません。

目先は、朝のレンジ抜けですでにロングしているかと思いますが、抵抗線及びチャンネル上限絡みでの値動きによって、このままホールドかどうかを判断することになりそうです。
。。。



結局、実際の相場は、第2シナリオの下値メドまで届く下落となりました。

東京時間は慎重にショートして、短期陰転後の欧州時間は果敢にショートする、という感じになったでしょうか。

上値との勝負はいったん売り方が勝った形になりましたが、まだこれで終わったとは思っていません(笑)。

今日の詳しい見立ては、フォーラムで。

ESCの頒布に伴い、明日から3日間、フォーラムの新会員を受け入れる予定です。

エコラーズ・フォーラムとは



●JunのレビューブログとTPページへもお立ち寄りください

FX商材にもピンからキリまであります。使えるFX商材に出逢ったら、習得のための努力を惜しまないことが大事です。

これまでに次のような商材をレビューしていますので、参考にしてください。

シンプルトレンドフォロー
タイムゾーンブレークアウト
ライントレードマスタープログラム
ゴールデンスパイダーFX
デイトレンドFX  
ダブルツイスター 
キャンドルスティックFX  販売中止
バックドラフトPRO
ビクトリーメソッド 
Max System FX -Revolution 販売中止 


トレードプラクティカムをトレードルール構築の参考にしてください↓

ライントレード教本、Max System FX、キャンドルスティックFXのプラクティカムは、こちら

Junのブログも応援ポチしていってくださいね。

ポチラーの皆さん、Junブログもぽちを!


記事を読み終わったら、ぽち3連発を!
ブログランキングに1票
ブログ村に1票
ブログランキングドットネットに1票


エコ

↓初めての方はお読みください↓

・質問や問い合わせについて: 事務的な問い合わせはエコではなく必ず販売会社さんへお願いします。コメント欄に質問を入れても、メールより先に返答することはできません。ライントレードのサポートは、エコ宛てではなくサポートアドレスに送ってください。エコの返答が必要と思われるメールには、2、3営業日以内に返答するようにしていますが、必ずしも返信を約束できないことをご了承ください。

・免責事項: この記事は、エコのトレード「日記」です。日記ですので個人的な内容になります。エコの相場観やトレード予定も掲載していますが、これらはすべて善意で開示しているものです。エコのブログの情報をご自身の投資判断の参考にするかどうかは、必ず自己責任で決定するようお願いします。また、メルマガ登録や無料PDFのダウンロード等は、サポートすることはできませんので、自己責任でお願いします。

・トレード学習方法: 過去の記事はブログ右下の「アーカイブ」からすべて見ることができます。ラインの引き方なども過去の記事から習得可能です。2010年7月5日までは、エコのトレードをブログ上で報告していますので、コメント欄を読んで学習の参考にしてください。

・ より詳しいトレード情報が欲しい方は、エコラーズ・フォーラムへどうぞ。ライントレード教本及びEPATの正規購入者には、有利な入室条件が適用されます。

2014年4月24日 08:49|コメント (4)

カテゴリー:

コメント (4)

エコさん、みなさん、こんにちは。

本日のドル円1分足の実践結果は・・・

本日もトレードなしでした。

9時45分には条件が揃いましたが、その後も5,6pipsの値幅に終始していたので、エントリーもなく、特にコメントするような値動きもありませんでした。


さて先週金曜日から、特別研修期間として1週間、ESCによるドル円1分足スキャルを実践してまいりました。

まず結果ですが、

2勝+10pips

でした。途中からエコさんのご指導もあり、裁量判断が入っていたので、無裁量でトレードしていた場合はあと2回トレードして、

3勝1敗+10pips

となっていました。


本日ならびにこの1週間の実践報告は以上です。


エコさん

1週間ありがとうございました。
最後に何かコメントした方がよろしいでしょうか?

投稿者:楽笑 |2014年4月24日 11:41

楽さん

>2勝+10pips
>でした。途中からエコさんのご指導もあり、裁量判断が入っていたので、無裁量
でトレードしていた場合はあと2回トレードして、

>3勝1敗+10pips
>となっていました。


結構です。

この1週間の東京時間は大きな流れも無かったので、5営業日の収支として、こんなところでしょうね。

流れが出るときは1日に数回のトレードが発生しますから、1ヶ月ではこの5、6倍の数字を想定できるとすれば、過去検証の数字にも合致しますね。


楽さん

この4週間で、楽さんは数字的なモニタリングの務めは十分に果たしたと思います。

楽さん自身のスキルアップについては、もっと見てみたいという気がしますが、この後はフォーラム内で他の方とも切磋琢磨して、さらに上を目指してもらうということで良いでしょう。


>最後に何かコメントした方がよろしいでしょうか?


はい。最後に、現在取り組んでいる1分足スキャルにおいて、自分自身が何を目標及び課題としていくか宣言してみてください。

それをもって、延長検証期間も終了としましょう。

投稿者:エコ |2014年4月24日 13:07

エコさん

>この4週間で、楽さんは数字的なモニタリングの務めは十分に果たしたと思います。

ありがとうございます。毎度のことですが、モニターとしての責務を果たす以上に、私自身が非常にレベルアップする機会を与えていただいたという思いがあるので、恐縮です。

>この後はフォーラム内で他の方とも切磋琢磨して、さらに上を目指してもらうということで良いでしょう。

はい、ESC実践研究室(・・・できますよね?)にはお邪魔します。

>現在取り組んでいる1分足スキャルにおいて、自分自身が何を目標及び課題としていくか宣言してみてください。

ESCの出すサインに忠実に出入りを繰り返せば、獲得pipsが増えていくことは分かっているので、まずは動くチャートでサインを見逃さず、また出たサインに対して遅滞なくエントリーとエグジットが遂行できるようになること。

次に、今は東京時間だけですが、エコさん指定のNY時間もドル円のトレードもすること。そしてロンドン時間に、もう1通貨(ポン円かユーロ円)で優位性のあるルールを確立し、取引することです。

何より、その前提として、エコさんには毎度指摘され続けていることですが、考え方の甘さを極小化すること。そのために、過去検証に時間を使うこと。そしてエコさんに、コイツはまだこんなことを言っているのか・・・と思われなくなるようになることです(笑)。

最後になりますが・・・

ESCリリースの準備でお忙しいのに、1週間も余分にお手を煩わせてしまい、申し訳ありませんでした。
これからもフォーラムでよろしくお願いします。

そして本当にありがとうございました。


楽笑


投稿者:楽笑 |2014年4月24日 16:58

以下、ESCについて頂いた質問に回答します。

個別の回答及び返信はご容赦くださいね。

・使用するチャートソフトは何ですか?

MT4です。


・初心者でもトレードできますか?

マニュアルをじっくり読んで、過去チャートの検証を経て、決めたことを実践すれば、初心者でもトレード可能です。

ただ、初心者さんよりも、むしろ一定年数の経験があるけれども利益が上がらない「フォールス・ビギナー」さんは、ご注意くださいね。

経験だけが長くて、利益が上がっていない人は、トレードや相場との取り組み方で悪い癖がついている可能性があります。

ESCは特に奇抜なトレード方法ではなく、普通にチャートからサインを読み取るトレード方法ですので、一読すると分かったような気になって、すぐに我流でESCを使ってしまう恐れがあるからです。

フォールス・ビギナーさんは、ESCを手にしたら、自力でしっかり過去検証をしてみてください。

そして、ESCのやり方を自分のやり方にしてください。

そうすれば、必ず利益が上がることが分かるでしょう。

・エントリーのサインが表示されますか?

エントリーサインを表示するツールではありません。

サインをチャートから読み取ります。

・トレードは難しくないですか?

チャートを見てエントリーを判断する、一般的なテクニカルトレードとして、難易度はあまり高くないと言えます。

マニュアルを一読すれば、ほぼ理解可能と思います。


・ESCは裁量トレードなのですか、システムトレードなのですか?

元々はエコファームで裁量トレードのために使っていたチャートシステムでしたが、裁量トレードを単純化してシステム実践する方法をマニュアルで提示していますので、システムトレードとしての実践も可能です。

・完全無裁量のシステムが収録されているのでしょうか?

マニュアルでは、ポンド円15分足のシステムを解説しています。

ただし、これ(だけ)を実践してください、という意味ではなく、これをベースにご自身のシステムを実践して欲しいと考えています。

モニターさんがやってみたように、このルールを応用すれば、他の時間軸や通貨ペアのシステムを幾らでも作ることが可能です。

全く難しいことではありません。

・どのくらい儲かりますか?

どの時間帯にどのくらい儲かるか具体的に答えることはできませんが、マニュアルをしっかり読んで、初歩的な裁量を入れてトレードするのであれば、通常のチャートトレードとしては最高水準の利益を上げることが可能です。

実際に期待できる収支を知りたい方は、モニターさんが報告した数字を参考にしてください。3月31日からのコメント欄ではモニターさんがポンド円15分足を実践した結果が収録してあり、4月18日からは朝の2時間だけドル円1分足を(無裁量で)実践した結果が書いてあります。

・夜の数時間でもトレードできますか?

もちろんできます。

例えば、ドル円1分足の日本時間21時から23時までのトレードは、モニターさんが報告している朝の2時間だけのトレードと同等以上の成績が期待できます。

また、20時から23時頃までは、ポンド円15分足、ドル円15分足でもエントリーサインが出現することがかなりあります。

他にも、21時以降のドル円5分足とポンド円5分足のスキャルも良いでしょう。5pipsから10pipsを抜くスキャルピングなら、ほぼ毎日トレード機会があります。マニュアル収録のシステムルールも参考にして過去検証すれば、システマティックなルールによるトレードが可能なことが分かるでしょう。


・ライントレードを実践しているトレーダーにとっては、ESCにはどのようなメリットがありますか?

ライントレードには、裁量トレード特有のダイナミックさと難しさがあります。

上手に裁量が決まると大きな利益が手に入りますが、裁量がうまく決まらないと勝率が5割程度となる相場付きもあるでしょう。

ライントレード実践者がESCを併用すれば、エントリーポイントがより明確になり、裁量外れの確率を極めて低くすることが可能です。

ESC自体のサインが堅ろうですから、このサインとライン的にエントリー可能なポイントとが一致したら、何の躊躇もなくエントリーすることができ、利益が上がる確率も極めて高くなります。

また、手書きでラインを引かなければ認識できない抵抗線(例えば、日足の上値抵抗線やチャンネルラインなど)は、相場の反転ポイントになりますがESCには表示されませんので、ESCだけのトレードでは反転に気が付かずに負けトレードに参入してしまう場合があります。

ライントレーダーは、そのような負けやすいトレードを排除し、勝ちやすいトレードだけに参入することができますので、ESCとラインの相乗効果は大きいです。

ラインとESCを併用すると、ライントレードをやっていて良かったと思うケースがかなりあるはずです。

・EPAT所有者には、ESCにはどのようなメリットがありますか?

EPATでは、普通にマニュアルを読めば、相場の方向性とエントリーするレベル及びエグジットするレベルが分かるようになっていますが、リアルトレードでは売りと買いの両方の方向で相場をフォローしなければならない場合や、エントリーの可否を吟味しなければならない場合に難しさを感じることと思います。

EPATトレーダーがESCを手に入れれば、特典のPDFファイルに非常に単純化したトレードアプローチを提示してありますので、それに従えば、エントリーの方向が固定されるので、迷いがないトレードが可能になります。

EPATレベルでESCのサインが出たときにエントリーすることにより、エントリーポイントも固定されますので、極めてブレの少ない高確率のトレードが可能になります。

スタンダードチャートのトレード方法は簡単ですので、まだEPATを実践できていない人であっても、短時間で両者を融合したE-SPATトレードが実践できるようになり、利益も上がるようになるでしょう。


・ライントレードとEPATを併用しているトレーダーがESCを手にすると、どのようなトレードになるのでしょうか?

究極の高精度トレードが可能になります。

3者を融合したトレード手順は、次の通りです。

1)ライントレードの基本に従って、チャートにラインを引いて、相場の大きな方向性と反転しやすい水準を掴み、
2) EPATで相場の押し目/戻りの想定されるポイントと目標レートを正確に想定し、
3)ライン及びEPATで想定したポイントに一致してESCのサインが点灯したら、エントリー
4)ライン及びEPATで想定される目標値で最終エグジット

このようにすることで、ESCないしはEPATによる判断よりも精度が高いエントリーができ、EPAT固有の決済方法よりも大きな利食いが狙えますので、最も有利な出入りが可能になります。

まさに、チャートトレードとして究極の出入りが可能になりますので、最大限の収支が狙えます。

嘘ではありません。

ESCとEPATとラインの融合による威力にどうぞ驚いてください。


・今回の頒布に申し込まなかった場合、次回の頒布はいつになりますか?

今回の頒布は、フォーラム会員からの申し込みはすべて受理しますが、会員外は50人目までで締切となり、今回申し込んでも50人目までに入れなかった方は、5月末に予定する次回頒布にご案内することになります。

現時点で決まっている頒布は、ここまでです。

今回申し込まなかった方の次回の頒布機会については、現時点では未定です。

・今まだトレードで利益が上がっていないのですが、ESCで利益が上がるようになるでしょうか?

トレードをするのはあなた自身ですので、他人が利益を保証することはできませんが(笑)、しっかりと準備をして取り組めば、利益を上げられるようになる確率は極めて高いです。

もしも全力でESCの習得努力をしたのに利益が上がらないようなことがあったら、エコにメールで相談してください。

その場合は、あなたに合った対応方法を一緒に考えます。

投稿者:エコ |2014年4月24日 18:15

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)