8月27日のトレード予定

エコラーの皆さん、ビジターの皆さん

おはようございます。

エコ

ブログランキング順位を上げるために、記事を読む前に応援ポチをお願いします!!! ↓

ポチで応援する

<現時点の有効なライン>

今朝の時点でエントリーに使えるラインは、次の画像に示します。

<前日のフォーラム記事における想定>

前日のフォーラム朝の記事をご覧に入れます。

相場を想定する参考にしてください。

 
・・・ここから記事抜粋

日時: 2019/08/26 08:45
名前: エコ

●今日のシナリオメーク

第1のシナリオは、戻しです。128.85を上抜けたら、129.00を経て、129.50を経て、129.70をトライし、ここで反落しなければ、130.00-20のレジスタンスゾーンをトライして反落させられることを想定します。

●今日の取り組み方/注意事項

金曜日のポン円は、東京時間が狭いレンジ相場になった後、欧州時間は値幅を広げてのレンジ相場になり、NY時間になってようやく下へのトレンドを出してきました。

今朝の相場は、大きなギャップダウンから始まっています。

ドル円連動による下げですが、ドル円が節目到達によってリバウンド相場に入っているので、ポン円もしばらくは上に向かう想定が現時点のメインになります。

東京朝に今日の高値を更新する値動きになれば、(ブレーク済みの)斜めの抵抗線絡みまでの戻しを狙う流れが想定されます。

斜めの抵抗線を上抜けてくると、129.70水準狙いとなり、ここも上抜けるようなら、130.00-20のレジスタンスまで狙う動きを想定することになります。

・・・ここまで記事抜粋

 

<前日からの相場展開と今日の相場の想定>

昨日のポン円くんは、ギャップダウンスタート後、早朝の小幅下落後は踵を返す値動きになり、欧州時間には当日安値から2円高まで上昇してきています。

よく上がってきましたね(笑)。

この値動きにより、ポン円は下値抵抗線(斜めの赤)の上に戻ってきました。

しかし、現時点の相場はこのラインの上を維持できるかどうか微妙な位置にあります。

ライントレードの基本に従って、この斜めラインの上を維持するか、それとも下に落ちるかで、短期的な方向が決まると見て良いでしょうね。

 

よって今日の目先は、斜めのラインの上を維持すれば買い狙い、この下に落ちたら売り狙いを基本とします。

詳しい出入りの方法は、新ライントレード教本の基本に従ってください。

より詳しい解説はこちら

<ラインBO & Trend-Reversal実践!>

こちらは昨日の欧州時間のポン円のTrend-Reversalの逆張りサインを表示したチャートです。

この時間、地味に取れています(笑)。

※有料版のTrend-Reversalの販売ページをこちらに貼っておきますね。販売ページはこちら

※有料版購入者には、フォーラムを継続するときに優遇会費が適用されます。

※ハイロー60秒取引で勝率60%以上のINの方法は、フォーラム内に投稿してあります。

無料メルマガ
投資で勝ちたいなら今すぐ購読!

お名前

メールアドレス




<エコブログを読み終わったら関連サイトへどうぞ>

今日の相場の詳しい解説は、エコラーズフォーラムで。
エコラーズ・フォーラムとは
※現在は募集を停止しています。次回の募集をお待ちください。

崖っぷち社長のFXライントレード日記
→ ライントレードで起死回生を狙う社長のブログ。ライントレード教本に準拠した
逆張りがメインです。
社長ブログはこちら

ヒプノセラピストが教えるメンタリズム・ライントレード
→ ライントレードの順張りメインで勝負します。メンタル強化のヒントも必見です。
ヒプノブログはこちら

システムトレード入門・実践・検証
→ エコファームスタッフJunによるシストレサイト。現在は更新を停止していますが、古い記事にも役に立つものが見つかります。
Junブログはこちら

記事を読み終わったら、ぽち2連発を!
ブログランキングに1票
ブログ村に1票

エコ

↓初めての方はお読みください↓

・質問や問い合わせについて: 事務的な問い合わせはエコではなく必ず販売会社さんへお願いします。コメント欄に質問を入れても、メールより先に返答することはできません。ライントレードのサポートは、エコ宛てではなくサポートアドレスに送ってください。エコの返答が必要と思われるメールには、2、3営業日以内に返答するようにしていますが、必ずしも返信を約束できないことをご了承ください。

・免責事項: この記事は、エコのトレード「日記」です。日記ですので個人的な内容になります。エコの相場観やトレード予定も掲載していますが、これらはすべて善意で開示しているものです。エコのブログの情報をご自身の投資判断の参考にするかどうかは、必ず自己責任で決定するようお願いします。また、メルマガ登録や無料PDFのダウンロード等は、サポートすることはできませんので、自己責任でお願いします。

・ トレード学習方法: 過去の記事はブログ右下の「アーカイブ」からすべて見ることができます。ラインの引き方なども過去の記事から習得可能です。2010年7月5日までは、エコのトレードをブログ上で報告していますので、コメント欄を読んで学習の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)